清く 楽しく 美しく 朗らかに 華やかに♪

なりたい自分になるために、勉強中です。朗らかに、華やかに♪大好きな宝塚についても発信します。よろしくお願いいたします。

宝塚月組「All for One」観劇。

お披露目公演だった「GRAND HOTEL」が観られなかったため、久しぶりの月組さんでした。
のどごし爽やか。甘過ぎず、クド過ぎないハッピーエンド。
観劇後はすっきり爽快!一気に駆け抜けた清々しい作品でした。
三銃士に太陽王ルイ14世のお話のせいか?月組さんのファン層なのか?見慣れた星組の客席より男性率が高く感じます。
f:id:yukopom:20170911232358j:plain

イケメンすぎる三銃士たち

NHKのアニメ「三銃士」が真っ先に浮んでしまうのは私と同年代です笑
主役のダルタニアンはもちろん、アトス、アラミス、ポルトス、が出てくる三銃士のお話は私もおぼろげに覚えています。

アトス、宇月颯さん。
落ち着いた演技と貫禄。銃士隊のリーダーにふさわしい冷静沈着さ。
お髭の渋いことと言ったらたまりません。

アラミス、美弥るりかさん
世紀の美男子、イケメン神父。まさに美弥さんのために描かれたような役どころ。
「イケメン神父に懺悔をすればすべての罪が許される」
声もとってもセクシーです。

ポルトス、暁千星さん
酒好きで力自慢のポルトス。
ありちゃんにはちょっと可愛すぎるところもあったけど、ムードメーカーなところは十分伝わりました。

敵役のみなさま

なんといっても、今回が月組デビューとなった月城かなとさん。
敵役で、憎たらしい存在かと思いきや、あんなにカッコいい容姿なのに誰にも振り向いてもらえず、
まじめに仕事をすればするほど可笑しくてたまらない、なんとも愛らしいキャラクター作られていました。
優等生のイメージが強かったのですが、「ローマの休日」のマリオが転機かしら。殻を破った感じですね♪

モンパシェ夫人、沙央くらまさん
豪快にして妖艶、えーーっと、美しい。ええ、美しい、でも怖い笑。
思い切って脚を出した衣装といい、はっちゃけた演技といい、新境地な感じがしました。
今までの娘役さんには(って沙央さんは男役さんですけど)到底出せない迫力と存在感がありました。
潔し!コマさん!
フィナーレでは銀橋でデュエットもしていましたね。ボブの鬘がお似合いでした。

チャピ先輩

今回のお芝居は愛希れいかさんのパフォーマンス力なくしては成り立ちませんでした。
巧みに女性と男性を演じわけられ、物語の世界にお客様をすっかり引き込んでいました。
男役経験があるとはいえ、愛希さんのパフォーマンス力の高さが今回の肝だと思います。
出ずっぱりで、本当に大変だったのではないでしょうか。
本当に力のある人なのだと思います。

小池ワールド

セットが「眠らない男ナポレオン-愛と栄光の涯に」と、「るろうに剣心」の鹿鳴館の舞踏会のセットで懐かしかったです。
歌もお芝居も安心して観ていられる力のある方ばかりで笑いも見応えもたっぷりありました。
さすが小池修一郎先生の脚本です。

フィナーレ

フィナーレは美弥るりかさんの銀橋ソロから始まります。
主題歌をたっぷりと美しく聴かせます。珠城さんとは違う魅力。
珠城さんが剛なら美弥さんは柔。
続く男役の群舞もイケメンがそろいすぎていて目が足りません。

最後に

真咲さんが退団して以来初の月組観劇となりました。
私を劇場まで連れてきた衝動は、月城かなとさんの加入です。
プログラムまで購入し、1回の観劇では足りず、もう1回観劇する予定です。
組替えってファンの需要を動かす効果、ホントにあるのですね。
動かされた本人が言うのだから間違いない!