清く 楽しく 美しく♪

No Takarazuka No Life

宝塚星組「白鷺の城」「異人たちのルネサンス」観劇

先週新人公演を先に観劇してしまったが、本公演を観劇した。

和物ショー「白鷺の城」

大野拓史先生の作品。「阿弖流為」が素晴らしかったので期待してしまう。
テーマ、陰陽師も面白そう。
現実は・・・分かりにくく、美しさも中途半端で、かつ中詰的な場面もダンサーたちを全然活かせていない残念な演出。
最後はモンペ?のトップコンビが銀鏡を通過してそのまま去るという。
幕が降りてきたときにオイオイオイオイと思ったのは私だけではあるまい。
45分という短い時間ののちに突然訪れた35分休憩に、移動する方達が口々に微妙な感想を述べている。
・・・面白いテーマだと思う。
人間は定命で短い命で、魔性は何百年も生き続け、何度も出会い「またしてもお前か!」となる。

まるで先日のThunderbolt Fantsyのヨージャレイの用ではないか。

松本悠里先生、録音!?

舞踊会以来(以外?)、舞台で拝見するのはいつぶりだろう。
セリフが録音声ということで、まぁ演出上の都合もあるとは思うが、声が出せないのだろうか、
声を発して踊るということが難しいのか
ひょっとして舞台以外は車椅子なのではないか、などといらん詮索をしてしまった
魔性の役にはあっていたと思う。。

芝居「異人たちのルネサンス」

若き日のレオナルド・ダ・ヴィンチとメディチ家のお話。
紋章を見て、フィレンツェに旅行したときのことを思い懐かしかった。

新人公演を先に見てしまっていたが感想はやはり瑠風輝さんは上手だった。
新人公演を観ながら、観ても居ないのに本公演の様子が目に浮かんだのだけれど。
やはり本公演は役を演じる方の一人一人の貫禄が違って、空間の埋め方がすごい。
同じ作品だがぎゅっと濃いものを感じ、さすがと思った。

新人公演で主演娘役を演じた真白さんは、本公演でも目立っていたし、本役の星風まどかさんを観ると
似せて作っているというか、引けを取らないというか。
フィナーレで真風さんに絡む3人の娘役の中にも入って居たので、これは劇団推しさんだと思う。
うちの母など、「礼真琴さんの嫁にどうか」とまで言っていたくらいだ。

また、少年役!?天彩峰里さん

まさか。目を疑ったし、違うと信じたかった。
また・・少年の役ですか。
じゅっちゃんは星組の頃にも知っているだけで3回少年役をしていて。
とっても上手だったけれど、多すぎやしないか。
男役さんは娘役が続けば「転向?」などと噂されることもあったり、実際にチャンスがあるかもしれないが。
娘役が少年役をたくさん演じたところで転向などできるはずもなく。
でもでも、きっとこの経験が大きく花開くときが来るって信じてる。
男役とか女役とか考えずに、人間として演じてみたら、っていう礼真琴さんのアドバイス、きっとじゅっちゃんいいことあるよ♫
そうじゃなかったら・・・星組に返してくれーーい。

フィナーレで昇華

このやり場のない思いをどこへ・・と思っていたが、素晴らしいフィナーレが待っていた。
和希そらさん、瑠風輝さんの銀鏡から、ロケットへ。
そして娘役軍団と真風さんの大階段へ。
私、娘役さんがこんなに大階段でフォーメーションを変えたり踊るのを初めて観た。
大きくスリットの入ったロングタイトスカートに肩の露出多めのブラックの衣装、カッコ良かった!

その後は男役たちの熱い群舞。
これもカッコ良かったなあ。
パレードはなんと私が気になる桜木みなとさん、和希そらさん、瑠風輝さんが皆下手というパラダイスっぷり。
しかし瑠風さんに至っては花道の一番端っこというありえない立ち位置。
銀鏡にも入れないなんて・・・!
それだけ上級生の層が厚いという事だけれど・・。
ありえないな、あの立ち位置は。
和希そらさんもそうだけれど、宙組では突き抜けられないんだよね、上級生が多すぎて。
もったいない極み。
それを実感してしまった宙組観劇、そして東京宝塚劇場納め。

翼のついたクリスマスツリー

演目にちなんで、天使の羽のついたツリーが。
今年もお世話になりました、東京宝塚劇場。
次に行くときは門松、だわね。

星組全国ツアーの下調べ(秋田編)

宝塚の全国ツアー、それは大人の修学旅行
宝塚×旅 の組み合わせ、大好き。最高!
今日は秋田を調査
ここも行ったことがない

会場

秋田市文化会館
2階席まで、座席数1,118席。

座席表

www.city.akita.lg.jp

日程

5月14日(火)14時、18時

アクセス

www.city.akita.lg.jp

秋田駅からタクシーで10分くらい。

秋田空港とのリムジンバスもある。運賃930円。所要時間約45分、予約不要。
羽田から秋田空港の飛行機はあるので行きはOK。

夜はもちろん帰れないので、朝一番は飛行機か新幹線。
朝、6:08のこまち6号ならば10時半に出社できる。
飛行機でも6時に秋田駅を出れば、同じくらいには。

22:15発の高速バス(夜行)ならば宿泊もしなくて済むが、体力的にどうかなぁ。

温泉に日本酒〜!と思って秋田行きたいと思ったけれど、現実は厳しそうかな。

星組全国ツアーの下調べ(北海道編)

かなり気が早いが星組の全国ツアーの下調べを始めた。

全国ツアーは結構好きで。
普段宝塚を観ることのない方が多く観劇するので、客席の反応が新鮮。
舞台は生モノだから、その日の観客や会場の空気を感じ取って演者も巧みに会場と一体感が出るような演出をして盛り上げる。
いつもと違う環境で観劇すると新らしい発見があったりして楽しい。
行った先で美味しいものを食べたり、お仲間とゆっくりお酒を飲んだり話が出来るのも全国ツアーならでは。
大人の修学旅行だな!
宝塚×旅 の組み合わせ、大好き。最高!

ではまず手始めに行ったことのない会場から。

北海道!
弾丸でゴルフに行ったことは1度だけあるが全く土地勘がない。
人生2度目の上陸予定。

会場

札幌文化芸術劇場hitaru
なんと4階席まであり2,300人収容という。ひゃー。
東京宝塚劇場より大きく(2,065席)、宝塚大劇場に近い(2,550席)。

座席表
劇場 座席表 | 札幌文化芸術劇場 hitaru | 札幌市民交流プラザ

日程

2019年5月21日(火)14時 18時
2019年5月22日(水)12時 16時
2019年5月23日(木)11時 15時

このビッグな会場で3日間6公演。
延べ13,800人を動員するわけだ。
これは客席を埋めるのがしんどい予感。。。

千秋楽は15時開演

新千歳空港から羽田空港の最終便は21時50分発まであるので、千秋楽を観劇したとしても泊まらずに帰ることは可能だろう。
もしくは翌朝帰ることもできる。
LCC格安航空は、確実に移動したい時には怖いので私は使わない。

アクセス
交通アクセス | 札幌市民交流プラザ

札幌市営地下鉄東西線、南北線、東豊線「大通」駅 30番出口から西2丁目地下歩道より直結 徒歩約2分

劇場と空港が近いから福岡の博多座や北海道から帰るのと、宝塚大劇場から帰るのとあまり時間的に変わらないという事実。
むしろ近い。
ど平日3日間というのを除けば、北海道行きを妨げるものは何もない。
行きたいなー。

星組新人公演配役発表

とりあえずご贔屓の名前があったので安心する
名前のある役なので、セリフもあるに違いない

注目すべきポイント

今回が退団公演となる七海ひろきさんの役に天飛奏音さん。
天飛さんは前回の「Another World」で2番手 礼真琴さんの役を演じた。
今回は七海さんということでキャラクターがだいぶ違うと思うが最後に七海さんからたくさんかっこいいところを勉強して欲しい。
礼さん、七海さん、ときたら次あたりは主演でしょう。
着実にステップアップしている。

最近メキメキと番手が上がっている瀬央ゆりあさんの役には天路そらさん

天路さんは端正で、コメディセンスもバッチリではじけっぷりも気持ちい。
まだどんな役かは分からないけれど、期待できる・・・!


台湾公演の裏でバウ2本をこなしてしっかり力をつけた、紫藤りゅうさん、極美慎さんはじめ下級生のお留守番組の皆さんは
今こそ一気にそのパワーを炸裂させて活躍欲しいと願っている。

そして。
ご贔屓がたくさんセリフがあるよう、出番があるよう祈っている。

2018年宝塚観劇の目標と2019年に向けて

宝塚観劇するのに目標なんかあるのか!と思うかもしれない。
宝塚とひとくちにいっても、5組ある。
気づけばご贔屓の組ばかり観ていて、他の組を全く観ていない年もあった。
そこで、2017年は「満遍なく観劇する」
今年、2018年は「色々な舞台を観劇する」を目標にした。
2018年はまだ終わっていないけれど、年内の観劇はほぼ固まっている。
割と各組満遍なく観劇したと自負している。

一番極端な時はご贔屓の組観劇率95%、みたいなこともあってちょっと反省

そうすると何がいけないかというと、(いけないことなんて何もないのだけれど)
敵陣視察ができない、っていうか。
こんな男役スターが育ってきているのね、とか。
娘役が可愛い子が多いわね、とか、この子はうちの組に欲しいわ、とか。
観終わると大抵そんな感想ばかりになる。
気づかないうちにかっこよくなっている方がいたり、将来有望な下級生が入っていたりするからそのチェックも怠れない。

今年は綺麗な円グラフに

この3年くらい観劇の記録を残していて。
観劇した日、組、席(SとかAとか)を表にしてエクセルで円グラフ化。
面白いくらいに偏った表になっていた。

今年の目標は達成したと言えるのではないかな。

来年の目標

満遍なく観るに加えて、「原作を読むこと」、「作品の理解を深めること」にする。
世界史、日本史、人物、文学、幅広く取り扱う宝塚は教養を身につけるのに最適だと思っている。
その機会を最大限利用して、触れるチャンスを増やしたい。
観劇後の感想を文章に残すこともしたいな。
たくさん観劇してその都度色々な感情が巻き起こるのに、残さないと雲を掴むようにどんどん流れてしまうから。

そろそろヅカ1年の振り返り、始めよう。

クリスマスキャロルを観に行こう

ちゃんと知りたいけれど知らないことってたくさんあって。
白鳥の湖とか、蝶々夫人とか。
クリスマスキャロルとくるみ割りに人形も。
クリスマスキャロルが今映画になっているとのことでこれは急いで観に行かなければと思っている。

きっかけは堀江さん
堀江貴文さんがクリスマスキャロルを主演している舞台がもうすぐ公開になる
観に行けそうもないのだが、和牛のフルコースをいただきながら鑑賞する席や、お酒も飲み放題だという。
歌舞伎やお相撲もそうなのに、なぜ芝居はダメなのか。
幕間は飲食も禁止だし真っ暗だし、じーっとしていないといけない。

堀江さんはそれを変えたくて、演劇をアップデートしようとされている。
シェイクスピアの演劇がやっていた頃は、皆スタンディングでお酒、たとえばシードルなんかを飲みながら鑑賞していたという。
そんなじーっと観てなくていいもんなんだよ、舞台はって。
これは面白い!
ちょっとほろ酔いくらいで観た方が面白いよねっていうこと。

とはいえ今は観劇マナーは厳しくなる一方。
言われなければ分からないのかな?と思うけれど、本当に言われないと分からないんだよね。
カサカサと飴を開けたり、ビニールの音がしたり。
前のめりになるのも注意されるようになった。

以前私がやめてくださいってお願いしたのは、隣の方の扇子。
芝居が始まってもずーっと扇いでいて、その扇子のハタハタが目に入るので、もう少し下の方でやってくださいってお願いいしたことがある。
あとはウォッカ?みたいな強いお酒を途中で飲み始めて臭かったときも、注意してもらったな。

日本は私も我慢しているんだからあなたも我慢しなさい的な文化だから、というけれど
でもみんなが好きなように振る舞ったらどうなるんだろう・・。
みんながそうなら大丈夫なのか。。

ボヘミアン・ラプソディの映画を見ながら歌ったり騒いだりする回を「応援鑑賞」というらしい。
宝塚も「応援鑑賞」の回作って欲しい。
どんな舞台でもあっていいと思うけれど。

話が逸れてしまったが、とにかくクリスマスキャロルを観に行く。
多分12月過ぎたらかなり観るテンションが下がるし上映館探すのもむずかしくなりそうなので今週中。

私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない

なんとインパクトのあるタイトル!と可愛らしい装丁に惹かれて
PrimeReadingのお知らせにつられて読んでみたがとっても参考になる本だった


目次がおもしろい

1皿目 私が自信を持てないのは「五感」を使っていないからかもしれない
2皿目 私がコミュニケーション下手なのは美しく食べていないからかもしれない
3皿目 私が自分を大切にできないのはひとりごはんを雑に食べているからかもしれない
4皿目 私が最近イライラするのは手料理をしていないからかもしれない
5皿目 私が毎日つまらないのは同じものばかり食べているからかもしれない
6皿目 私の体がだぶついているのは残念な食習慣に気付いていないからかもしれない
7皿目 私が大人になれないのはちゃんとした外食をしていないからかもしれない

気になるお皿から読むのも通して読むのも良さそう。

ここで弱っている、というのは精神面、肉体面、両方のこと。
心当たる節があり、Kindle読み上げでざっと読み、気になる所を読み返した。

最近「食」への敬意を忘れていたことを思い出させてくれた

「いのち」としての食材への敬意
生産者への敬意
私の食卓に来るまでに関わった方への敬意
もちろん、調理してくれた方への敬意

特にランチタイムなどは1人だとネットサーフィンしながら、「とりあえず」で済ませてしまったり。
何より大切な自分への食をおざなりにしている。
デスクで資料やボールペンなどが散乱した中で食べていたりする。
たとえばランチョンマット1枚ひくだけで、他のものをしまおう、っていう気持ちになるそう。
これはやってみよう。

また、箸使いのマナーなども、本来は3ステップでお箸の上げ下げをするものだが、家だと、上から「ガッ」とつかんでしまったり、
「バッ」と置いてしまったり。
今夜の食事で箸の上げ下げに注意していたらなんとできていないことか。
ここに気をつけるだけでも食べるスピードがゆっくりになりそう。

始まりと締めの儀式でだらだら食い防止

炭酸水でスタートし、コーヒーで締める、など。
ネスプレッソマシンがあるのでこれもできそう。
やめ時が難しいのだけれど、これもさっさと切り替えるだけだからできる。

腹八分目でなく7分目

これはまだわからない。
美味しいものっていつまでも食べていたい!という心理で、あるだけ食べてしまうのよね・・・。
自分の体と対話しながら食べていれば食べすぎることもないはず。
食欲と、実際お腹が空いているかは一致しない。
特に夜遅くまで食べていたりすると栄養をとったつもりでも内臓は消化のため徹夜状態となり起きても疲れが取れないという悪循環。
7分目にして迎えた朝は軽やかに気分爽快なご褒美が待っている。

テンションが上がったので、この本の内容を実践し軽やかに元気になりたい。