清く 楽しく 美しく♪

No Takarazuka No Life

宝塚ホテルがディナーショーの販売ルールを変更

プラチナチケットの高額転売防止策が宝塚でも本格化してきた。

ジャニーズなどではすでに聞いていたことだけれど。

つい先日も、宝塚友の会(宝塚歌劇団公認ファンクラブ)限定イベントである「トークスペシャル in 東京」が対象に。
今月の東京公演で退団される七海ひろきさんがゲストとあって、もとは2,700円のチケットが3万円、5万円で取引されていた。
見兼ねた歌劇団が入場の際の本人確認をすると急に発表したのだけれど。

すでに高額で購入してしまった方などもいて。
でも売った人に連絡取ろうとしても連絡が取れないとかで。

こういうのって需要と供給。
買う人がいるから売る人がいるのだけれど。

でも身内でやっているのがとっても悲しいのだよね。

中にはダフ行為で儲けている人がいるのだろうけれど。

同じくらい、フツーの人が入っているのが興業チケット転売の現実じゃないかな。
売りっぱなし、ってことはないのではないかと。
自分が同じくらい高額のチケットを購入しているからこそ、どこかで帳尻を合わせようとして。
自分がそれほど贔屓ではない公園のチケット、でも人気はある、とかいい席だ、みたいなのを高額で売りさばく。
それを資金にまたいい席を買おう、観よう、みたいな。

取り締まるにも、コアで純粋な(いや、純粋ではないか)ファンがしている可能性があるからな。

今回の新ルールによって、購入の際
・住所・氏名・連絡先
・チケットは当日渡し
・受け取りの際には本人確認書類(免許証、パスポート、住民票の写し、戸籍謄本等)が必要になった。

高額転売は許せない
でも、キャンセルできない興業チケット、かつ、かなり先の日程のチケットを購入しているのだから、変更はありえる。
身内での融通していたケースにも適用されるとなると本当にやりづらくなる。

結局ファンたちが自分で自分の首を締めるような事態になってしまっているような気がしてならい。

明日海りおさん退団発表…

ついに明日海さんが、退団発表…

またしても、油断していた。
でも、昨日が花組の千秋楽だったではないか。
翌日に?翌日に発表しちゃうの…。

宝塚歌劇団の公式ホームページが更新されるのが16時。
私は人から聞くのが嫌なので、絶対にこの時間はチェックするようにしている。

退団フラグは立ちまくっていたらしいが、花組はほとんどチェックしていないので、フラグは分からない。
ただ長いし、横浜アリーナでコンサートだし、ってことは私でも怪しんでいた。

仙名彩世さんがこの公演で卒業し、嫁もちゃんと決まっている。
華優希さんは、残るのだろうな、次期トップの方と組むために。

こちらも時間の問題か。

スマホにして1年、格安SIMにして1年

気がつけば今年ももう3月。
昨年思い立ってスマホにし、学生時代から15年以上付き合ってきたNTTドコモとの契約も解除した。
格安SIMという世界に飛び立った。

月々自分がどのくらいギガを使うのかも良くわかっていなかった。
それまではY!mobileのルーターを持ち歩いていて7GB。足りなくて買い足すこともあった。

今は、ガラケーの頃にはしなかったポケモンGOはするし、ツイッターやFacebookもするし、インスタグラムもみる。明らかにスマホに費やす時間は増えた。

Air podsを買ってKindle読み上げする時間も増えたし、LINEの返事も早くなった。
今まではIpadでLineをしていたから、いっつも携帯してはいなかったんだよね。

これだけ使っても、月々は4GBちょっと。
3GBじゃ足りない。
前月の繰越と合わせて、毎月だいたい4GBで落ち着いているようだ。

2,200円くらいだから、端末が別とはいえかなりお安い感じがする。

たまにキャリアのメールじゃないと連絡がつかないことがあったけれど、それはこちらがフリーメールだと連絡をしておけば問題ないこと。

あれこれ心配する前に早く乗り換えればよかった、と本当に思う。

たかだかスマホにさえこんなに悩むのだから、全くわたしの慎重さにもほとほと呆れるのだけれど。

でもこうやって変化をするときにはものすごくエネルギーが必要だったな、と今振り返ってすごくすごく思う。
ほんと、毎日、あるいは週末とか、グッたりしていたもの。

芋虫は蝶になる前に蛹の中で一回体を全部溶かすぐらいのエネルギーで変化するという。

逆にいうと、今はそんなに変化をしていないのだよね。
今はちょっとお休みする時期、エネルギーを蓄える時期。
・・・宝塚ばっかり観てるけど、好きなことをしているけれど。
気持ちの上で無理はしないと決めている。

でもちょっと焦ってきたぞ。。そろそろ動く時なのかな。

七海ひろきさんラストトークスペシャル②

千秋楽の日は愛に溢れていた
まず朝1番でいつも応援してくださるファンのみなさまの愛を感じ、楽屋に入れば同期の愛を感じ。
さらに下級生や組長さん、副組長さんはじめみんな会いに来てくれて組の愛を感じ。舞台ではお客様の愛を感じ。本当に幸せな1日だった。
2,500人のお客様全員が自分を見ているんじゃないか、と感じることができるくらい幸せだった。

初舞台の頃思い出しましたか
初舞台の頃って言うより、入学した頃の事とか思い出しました。

天希さんの七海平も評が面白い
爽やかで涼やかで。
やっぱり星組の上級生は力こぶでエイヤッ!!っていう方が多い中(要は体育会系なの)七海さんは爽やか。そして娘役さん達をヘイッ!って引っ掛けるところが素敵(←なにやってるんですか…)

自分では当たり前のことでも文化の違いというか環境が変わると珍しかったんでしょうね。

男役の黒燕尾は世界中どこ探しても宝塚にしかない。柚希さんの退団公演、DDダイヤモンド以来。お稽古場ではどうしても平場になってしまうし、鏡に頼ってしまうのだけれど、上級生の方からお互いを感じよう、感覚でやろうって言っていただいた。
一生懸命お稽古した。

星サギの場面
舞台を使ってのお稽古では唯一出てない瀬央ゆりあさんと振り付けの先生が2階から見て、もっと下とか右とか言って羽ばたきに見えるようにした。

私サソリなんです
さんざん話した後、自分がサソリであることを告白した天希さん。
そう、天希さんは最初は星サギちゃんたちにいたずらしに来るサソリで出ていて。
雷に打たれた後に白鷺に着替えて出てくるのだ。
あれはどういう気持ちなの?生まれ変わって改心して白鷺になってきたと思ってる七海さん。

天希さん的にはどうやらそうではないらしい。
そこはもう別の生物として演じている。
サソリも悪役ではなくイタズラしちゃうぞ、って可愛い感じだし。

ポップスターについて
中村暁先生の曲の抜粋の仕方が天才と思って。

♫行かなくちゃ桜の花びらが夜に散ってしまう前に♫
私が終わる頃は桜の花が夜に散る前だなぁ、あぁそういうの全部わかって先生この部分を選んで下さったんだなぁと思ってら天才!と思った。

七海ひろきさん最後のトークスペシャル in 東京

今日は「トークスペシャル in 東京 星組」だった。
f:id:yukopom:20190309011041j:plain

宝塚友の会会員限定のトークショーである。
この公演で、宝塚をご卒業される七海ひろきさんが登場。
なんと七海さんは6回目の出演ということで、最多出場記録である。
最後の七海さん観たさにプラチナチケットとなった今回。
高値で売買されるチケットに歌劇団は、HPで急遽、”当日の入場時に本人確認します”という措置を取る事態に。
以前からチケットの取り締まりには頭を悩ませていたようだけれど。
これで高額売買とかなくなるといいんだけどで。

お洋服
共演者は天希ほまれ(研7)、桜庭舞(研6)
エストレージャスのような雰囲気の星の散りばめられたドレスに対し、ブラック&ホワイトのお二人。引き立つようにシックにしたそう。

お芝居について
初演ではフックスという役の水夫がカールの妹ベティと結婚したらしいが、今回七海さんが演じるにあたり、新たに歌とセリフを追加し、トビアスという役になった。
上田久美子先生の愛を感じて感謝している。

司会の竹下さんから、「出会って1週間で結婚するってどう思いますか?
会場に対して「1週間で結婚した人いますー?(誰もいない)いないでしょ!
でも、カールの妹だということが1番大きかったんだと思う。カールの代わりに自分が幸せにしてやらなきゃって。
お芝居についてはね、みんなもっとうまくやれてと思いますよ。
フロリアンもっといけよ、とか、カールもっと貴族社会に馴染めるようにもうちょっと頑張れよ、とか。
まぁそしたら話終わっちゃうんですけど。
自分だったらもっとうまくやる方法を考える!という現実的だ。七海さん。

天希さん水夫と貴族の演じ分け
本公演では水夫、新人公演は貴族。立ち振る舞いが難しい。
本公演の水夫は、カールたちとは別の船に乗っている仲間、という設定らしい。
その名も
「ホットドック号」
カールたちが乗っているのは「フランクフルト号」だから、パンがついちゃった、と笑う。
みんな自分で名前をつけているそうで、天希さんは”ホマー・ベネディクト”

組み替えしてきた桜庭舞さん
こちらも本公演は酒場の女で、新人公演はフロリアンの妹という大変な違いのある役。
雪組時代お世話になった有沙瞳さんが本役さんなのでお化粧から髪飾りなど丁寧に教えていただいた。

ショー「エストレージャス」、スパニッシュロックについて
オープニングから紅さんの周りを娘役たちが踊る場面。
流れ星が5小節目に流れる、とかマニアックなお話だったが男役たちがその流れ星を見るために幕ギリギリに集まっているという。
願いをかけているんだって。みんなロマンチスト!

スモークの中をロングドレスで登場する桜庭さん。
星組の娘役は「ドヤっ!!」っていう感じなので、に客席笑。
確かにあの場面は「ドヤっ!!!」な娘役さん、揃ってるわ。
染まらなくっていいだよ、と。

組み替え経験について
会社で部署を変わると全然違うみたいに、雰囲気が全然違う。
特に自主稽古などで感じる。
でも、お友達が倍になる。一気に電話帳が増える。

(新しい組に)染まりすぎず、(前の組に)戻りすぎず、がいいとアドバイス。
確かに、このところの組み替えはみんなうまくいっている。
環境が変わると新鮮なんだよね。

組み替えしたら客席の雰囲気まで違う
宙組からきた七海さんからすると星組のファンは拍手も熱く(実演付き)、自分も舞台に出ている一員、くらいの勢い(なぬ?)。
褒められてる?

ああ宙組集合日。また今年は大きな変化の年な予感。

他組(ご贔屓が所属している組以外はすべ他組!)のスケジュールはノーマークだ。
そこまで追っかけていたら死んじゃうから。
なので劇団公式HPで退団者の発表を見て集合日だったことを知る。

今日は宙組が集合日だった。
集合日とは次回の公演に向けてお稽古を始める日。
トップスター以外のその公演で退団を予定している生徒はそこで退団を発表する。

だからご贔屓の組の集合日ともなれば誰か辞めるだろうかとドキドキソワソワしている。
贔屓がいい学年の方ならばビクビクしていることだろう。

今回もかなり大勢の退団が発表された。
時間の関係で、一度に8人までなんて噂を聞いたことがあるけれど。
7人でも十分長い。
f:id:yukopom:20190308003709p:plain

こんなに大勢いたら紹介する組長さんも大変、階段降り&挨拶も長い。
楽屋も手伝いにくる同期達で溢れ、入待ちも出待ちもさぞ時間がかかることだろう(余計なお世話)

さらに東京公演はトップスターが退団しない限り、千秋楽の日は2回公演。
15時半から始まって・・・・何時になるかしら。きっと中継やるだろうから中継観に行こう。
前にそのあと食事しようとして予約を入れたらギリギリになってしまったのだよな。
今回は長丁場を覚悟しておこう。

純矢ちとせさん。
もしかして専科もありかな?なんて思ったけれど・・・。
やはり今年七海ひろきさんがやめたことが大きいのかな。

宙組も力のある下級生が後にたくさん控えている。
今回、上級生がだいぶ抜けるので、かなり環境が変わる方がいるかもしれない。

「オーシャンズ11」

105期の初舞台生を加えて華やかに始まる

七海さん最後のカフェブレイク

宝塚カフェブレイク。星組の2番目は七海ひろきさん。
この公演で退団されるので、最後のカフェブレイクだ。

本当の最後ではないから、とポイントに黒いアイテムを身につけながらも全身白のコーディネイト。

なぜ私は七海さんのファンではないのだろう。

ショーで自分中心の場面をするのは初めてだという。
そうだったのか。

今回のショーはトップさんを見つめながら踊ることが多いらしく。
トップさんを感じながら踊ることが昔から好きだったという。

・・・礼真琴さんがトップの世界にはいたくなかったのか。
このまま行けばトップになるであろう礼真琴を2番手として支える選択肢はなかった・・・?

宝塚が好きな七海さんにとって宝塚を離れるという決断はとっても難しかったと思うけれど。
礼さんの2番手として存在する自分は考えられなかった、ということなのかな。
人気・実力ともに「礼真琴」というスターは認めていたとしても。
どこまで言っても彼女は可愛い下級生、なのかもしれない。

本当に宝塚という世界には不思議な風が吹く。
誰が歯車を狂わせた、なんて一人のせいにできる時もあるけれど

経済の世界のバタフライ現象、を連想してしまう。
よその組で狂った歯車を違う組で補おうとする。
どうしても劇団の思惑とファンの思惑は外れる。

七海ひろきさんはなぜトップになれないのだ。
なぜ美弥るりかさんはとトップになれないのだ。

この二人がトップスターになれないなら、一体誰がトップになるというのだ!

もう、なぜ自分が今七海さんを応援していないのかが不思議でならない。

「推しは推せる時に推せ」

私は私なりに「推し」の人がいるわけだけれど。

こんなにも美しくて、宝塚を愛していて、ファンを愛していて。
その微笑みが突然目の前から消えてしまうことが想像できない。

七海さん・・・今からお手紙を書いたら遅いだろうか。

プロデュース力に定評があるので、ぜひその力を生かして今後も私からよく見えるところにいてほしい。