清く 楽しく 美しく♪

年間100回以上観劇する宝塚ファンの記録

寂庵だより廃刊に思うこと

瀬戸内寂聴さんが好き
寂庵だよりの廃刊が決まった
母が購読していて去年の秋頃から来ていないと心配していた
ホームページで確認すると2018年9月18日付で廃刊しますとのメッセージが
今日改めてお手紙が届いた。
お約束通りの新刊と、来年の暦とともに・・・。

寂聴さんとの出会い

もともと瀬戸内寂聴さんというお名前は知っていた。
図書館で続けて寂聴さんの本を読むうちすっかりファンになった。
10年ほど前はまだまだお元気で、全国の講演会に精力的に回られていた。
寂庵で第3日曜日に開催される「法話の会」も幸運なことに当たって、京都は嵯峨野にある寂庵を訪れたこともある。

31年続いた寂庵だより

寂庵の法話の会に行った後くらいから購読を始めた。
数年前から入退院を繰り返しているのは知っている。
季刊とはいえ寂聴さんには負担になっていたに違いない。
思い入れが強すぎるあまり中途半端なものを出せないことからさらにハードルをご自分で上げられていたのだろう。
最後のお手紙には寂聴さんの悔しさが滲んでいた。

寂聴さんが好き

お酒が大好きでご自宅に「パープル」という名のバーを作ったくらい。
90歳を超えても美味しいお酒とお肉を美味しそうに食べる寂聴さん
お洒落で可愛いくて。

宝塚とのご縁

寂聴さんは宝塚100周年の際の歌に歌詞をつけている。
当時、式典に呼ばれた寂聴さんが宝塚ホテルのスイートにお泊りになる姿が密着取材に映っていた。
もちろんその時のエピソードも寂庵だよりで読んでいた。

寂聴さんに会いたい

最近また法話の会に応募を始めた。
寂聴さんに会う手段はもうこれしかないだろう。
秘書の瀬尾まなほさんの本が売れたりして法話の会も応募が以前より多くなっているという。
いつ当たるかも分からないけれど、往復はがきで地道に応募を続けている。
寂聴さんに会いたい。ただそれだけ。