清く 楽しく 美しく♪

朗らかに、華やかに♪ちょっとヅカ成分多め。

雪組「Gato Bonito!!〜ガート・ボニート、美しい猫のような男」

作・演出 藤井大介先生。「ショー・パッショナブル」とは面白い気しかしない。
でも、猫?
猫というのは犬よりも神秘的でセクシーで想像力を掻き立てるらしい。
もう20年近く前、私が初めて観た宝塚のショーは星組「美麗猫(ミラキャット)」三木章雄先生だった。
劇団四季も「CATS」でなく「DOGS」だったらこんなに人気がでなかったに違いない。。
好きな場面を勝手に抜粋!
f:id:yukopom:20180808214037j:plain

第一夜 フェスタ・デ・ガートー猫たちの饗宴ー

黒塗りに白×黒のマタドール風の衣装に身を包んだイケメンたちが銀橋にズラっと並び、冒頭から飛ばしている。
一気に上がるボルテージ。
朝美絢さんと永久輝せあさんが対にいるとはなんと罪なポジショニング・・・。
一度に見られないではないか。
この「好きな人がシンメトリーで使われる」というのがヅカヲタが一番泣くパターンだ。

第二夜 ガート・インテリジェントー賢い猫ー

彩風咲奈さんのコーニッシュレックスはイングランド原産のとても賢い猫。
朝月希和さんのアメリカンカールは好奇心が非常に強く活発で明るい性格、遊び好きな猫。
猫踏んじゃったをコミカルに。
このペア、前回公演「SUPER VOYAGER!」での映画「ラ・ラ・ランド」のような幻想的かつ素晴らしいダンスナンバー「海に浮かぶ月」を彷彿とさせた。

第四夜 クーラ・キャットー猫祭りー

朝美絢さんの場面!!!キター!!
全身ヒョウ柄のお衣装。柚希礼音さんのREONⅡかと思った。
同じくヒョウ柄の衣装に身を包んだレディたちに囲まれワイルドな朝美さんが最高にクール。

そして祭りは佳境に。
「銀橋をただただ全員が通過する」という面白い演出。
その後は今回の目玉。男役の女装。女装といってもダルマではなく、ジャンプスーツスタイル。

これがどうしようもなく美しかった。
夢に出て来そうなくらい美しかった。

普段はウエストのくびれをなくすために補正で胴布団を入れているから。
ほぼ素肌に着ているであろう総レースの華奢な衣装のため、素スタイルが良すぎて色気があって最高に美しくセクシー。
がっつり開いた衣装から惜しげもなく見える鍛えられた背中の美しさ。

特に彩風さんは真っ白のレースで最近観た中で一番似合っていて綺麗だった。
ワイルドな男が見たい、なんていう昨日の発言を全力で撤回する。美しかった。

第六夜 ガート・ド・ディバテイメントー楽しい猫ー

ここは望海さんのアドリブの見せ場らしい。
望海さんが気になりつつ銀橋にいる朝美さん、永久輝さんが気になる。辛い・・・。
楽しい場面!

第七夜 キャット・ヴィオレンター激しい猫ー

アフリカサバンナの大地に根ざした激しい群舞。
雪は粒ぞろいで踊れる方が多い。
血が沸き立つような熱くて魂を揺さぶるダンスを見せてもらった。

娘役もいま、一番雪娘が熱いかもしれない。
猫の苦手な方はひょっとしたら困るかもしれないが、そこに蓋をしてでも観る価値がある。
黒猫のタンゴはじめ知っている曲も多く楽しい。

雪組が今一番人気がある理由

歌えるトップ、イケメンで実力があり大人な雰囲気の2番手、3番手。
実力も申し分なく若さ溢れてビジュアル系の4番手、5番手。
綺麗なヒエラルキーができているから見やすい。
黄金比だ。
雪組は今一番観なくてはいけない組。
宝塚を初めて観る方にこそ観ていただきたい。