清く 楽しく 美しく♪

年間100回以上観劇する宝塚ファンの記録

宝塚の緞帳贈呈式と月組2019年ラインアップについて

8月3日(金)新しくなった緞帳修祓式と贈呈式が行われた。
同日、2019年1月の月組ラインアップも公式HPで発表された。
このニュースに一瞬心がざわざわしたのは私だけだろうか。

新しい緞帳

株式会社加美乃素本舗の寄贈。
緞帳題名は「Forever〜時を超えて〜」
制作意図には
”華麗で優美な宝塚の舞台を表したロココ様式の唐草模様を花紋風に展開し軽やかに舞い踊るような動き”
”玉虫色の色彩はステンドグラスの光をイメージ。別世界への入り口を表現”
”トップスターの背中の大きな羽根をイメージした緞帳全体に伸びる金線で夢の世界へ誘い夢を与える舞台がますます発展していく様を表現”

緞帳の制作意図をちゃんと読んだのは初めて。
最近デザインなどに興味を持っているから”意味(意図)のないものは一つもで存在しない”ことがよく分かる。
変わると前がどんな緞帳だったか忘れてしまうもの。
そしてこの「緞帳」を観ている時間ってそんなには長くないから。
次回私が宝塚大劇場に行くのはいつになるだろうが、しっかりじっくり観てこようと思う。

で、贈呈式。

公式HPの写真を見て一瞬ドキッとして心がざわざわしたのは私だけだろうか。
今回の贈呈式には月組トップスター珠城りょうさん、娘役トップスター愛希れいかさん、月組組長の憧花ゆりのさん、月城かなとさんが出席している。
4人の並んだ写真を見た瞬間、

いつの間に月城さんが2番手に!?美弥るりかさんはどこに行った!?

月城かなとさんは今回から加美乃素本舗のイメージキャラクターを務めているから出席していたのね(ホッ)。
単なる私の早とちりだが、いや、焦った、焦った。
緞帳贈呈式にはトップコンビと組長が出席するのがいつもだったから驚いた。

美弥るりかバウ主演作品

動揺の引き金はおそらく2019年月組公演ラインアップの発表。
2019年1月に美弥るりかさん主演で「ANNA KARENINA」を宝塚バウホールで上演する。
東上経験もある美弥さんが、なぜ今、バウだけなのだ。

この作品の裏は「ON THE TOWN(オンザタウン)」。
愛希さん退団後、トップ娘役に美園さくらさんを迎えた新トップコンビのお披露目作品。
1月に東京国際フォーラムCホールで、7月頃に梅田芸術劇場メインホールで上演する。
このパターンは昨年の星組「オーム・シャンティ・オーム」、今年の宙組「WEST SIDE STORY」と同じ。
いずれも新トップコンビのプレお披露目として上演し、夏に再度公演をする。
役替わりがあるもののどちらも集客に苦戦しているので、また同じ過ちを・・というのがなんとも切ないが。。

まだ振り分けは発表になっていないもののこの「ON THE TOWN(オンザタウン)」で月城かなとさんを2番手として出演させるのではないか。

もしくは、3チームに分けて月城かなとさんにはディナーショーをさせるか。

2018年も下半期に突入し2019年のニュースが劇団から発表されるたび憶測が。
でもそれがヅカヲタの楽しみでもある。