清く 楽しく 美しく♪

年間100回以上観劇する宝塚ファンの記録

カフェインを減らしてみたー「SLEEP」最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

今まで自分はカフェイン中毒だと思っていた。
朝はコーヒーを飲まないと目が覚めない、身体が起きないという思い込み。
お茶感覚で飲んでいた日々。

減らせたキッカケ

朝起きてまず一杯。朝食後に一杯。職場に着いたら一杯、ランチに一杯、3時過ぎの眠気覚しに一杯。
もはや眠気覚し効果も疑問なくらい。
寝る前でも平気で飲んでいた。

きっかけは体調を崩したこと。
飲み薬のせいかは分からないがいつものコーヒーが半分も飲めないし、美味しく感じない。
治ってからも前ほどコーヒーを飲みたくなくなったし、飲まなくてもなんともないことに気付いた。
「食後のコーヒー」など惰性で飲んでいただけだった。習慣って怖い。

減らした効果

驚いた。
朝、ひとりでに目が醒める。
それも5時とか5時半に。
時間的にもう少し寝られる時は寝てしまうのだけど、スッキリと起きられる。

以前読んだ「SLEEP最高の脳と身体をつくる睡眠の技術」という本で「カフェインの門限は午後2時まで」とあった。
それ以降になると睡眠に影響を及ぼすという。
レム睡眠・ノンレム睡眠の正常なサイクルに入れなくなるらしい。
f:id:yukopom:20180723183708p:plain

気分の浮き沈みも少なくなった

気持ちの浮き沈みが激しかったのもカフェインのせいかもしれない。
カフェインは神経系だけでなく内分泌系にも影響与えてアドレナリンとコルチゾールという睡眠を阻害するホルモンの分泌を促す。
アドレナリンが分泌されると同時にストレスホルモンも増加する。
アドレナリンが切れた時には虚脱感に襲われる。
アドレナリンの分泌前以上に強く疲れを感じ頭がぼんやりするという。

デカフェもバリエーション豊富

このことに気づいてからは意識してデカフェを選ぶようになった。
カフェイン断ちをしているわけでもないから、飲みたいときには飲むし適当だけれど。
ネスプレッソも全てデカフェラインで揃えた。

外では。

スタバでデカフェを頼むと一杯だけ入れてくれるのでちょっと時間かかった。
もともとスタバのコーヒーは私にはちょっと濃すぎるので、デカフェでも味が濃いのだけれど。

思い込みって怖い、って話。

一生やめられないと思っていたこと。
「これがないと生きていけない」「QOLが下がる!!」って単なる思い込みにすぎない。案外大したことないかも知れない。

で、今ハマってるのはルイボスティー。

お鍋で煮出して粗熱取ってからペットボトルに入れて冷やしている。
少し濃いめに出して薄めて飲んでいる。
水出しより煮出した方が美味しい。
すこし薄めの方が冷やして外出先で飲むにはちょうど良い。

ノンカフェインで美容にも良いお茶。
いかにも綺麗になりそうだ。
この夏のマイブーム。