清く 楽しく 美しく♪

朗らかに、華やかに♪ちょっとヅカ成分多め。

Avene(アベンヌ)のハンドクリームが秀逸!

最近のイチオシのハンドクリーム「Avene(アベンヌ)」
多分とっくに知られていることだけれど最近出会って感動したので記録。
f:id:yukopom:20180721221610j:plain

ハンドクリームを選ぶポイント

ハンドクリームは意外と香りが強いものも多い。
それが売りなのかも知れないけれどお土産やプレゼントの定番、ロクシタンも私には香りが強すぎて苦手。
電車の中でも劇場でも香りを心配せずいつでもどこでもつけられる無香料なものがいい。
隣の席の人の香水、ハンドクリームの香りですら酔うくらい香りには敏感。
ただし柑橘系や、天然に近いローズやラベンダーの香りは例外。

我が家の定番「ユースキン」

昔から我が家は「ユースキン」だった。
冬の霜焼け、ささくれ、唇の乾燥すべてに使える「ユースキン」。
家族みんなで使っていた。
小学生の頃につけたユースキンはいつまでも染み込まなくて手が真っ白になってしまってベタベタしていたけれど。
大人になってつけてみたらあっという間に浸透するから驚いた。
多分小学生のピチピチのお肌には油分がなかなか入り込まなかったのだな。そうか。今気づいた。
ユースキンは薬用なだけあって効くのだけれど、すぐに作業に入るには若干ベタつきが残る。

アベンヌのきっかけ

とっても美人でセレブな憧れの友人のお車にどーんとビックサイズのこいつが無造作に置いてあった。
美人の持ち物や使っている化粧品って無意識に目がいってしまう。
何を使ってらっしゃるんだろう、と気になって仕方がない。
雑誌のオススメもいいけど「目の前の美人が使っている」という事実が何よりの宣伝。
聞ける方なら直接聞いちゃうけど、聞けない場合はひたすら観察する。

やっぱり美人とは同じもの使ってちょっとでも近づきたいじゃないですか!!

早速買って使ってみた。

Avene(アベンヌ)といえば昔、「アベンヌウォーター」というスプレーが流行った。
乾燥する冬場やエアコンの効いた室内などでもお化粧した上からこれを吹きかけて保湿♪と聞いて使った記憶がある。
それ以来。
どこに売ってるんだろう・・・ってふつうにドラッグストアで売っていた。

念のためサンプルを手にとってつけてみる。

無香料だしサッと伸びてベタつきも残らないし、良さそう。購入決定。
今はジェルネイルもしているし乾燥は大敵。
水仕事はもちろん、オフィスのペーパーワークでもかなり油分が奪われてすぐにゴワゴワになってしまうのでデスクに置いてガンガン使ってる。
持ち歩きもしたいなと思って、大きいサイズも買い足した。

アベンヌ今更だけど見直した!

これで私もいつでもすべすべもっちりおててになる!