清く 楽しく 美しく♪

年間100回以上観劇する宝塚ファンの記録

雪組「義経妖狐夢幻桜」観劇

「義経妖狐夢幻桜」をバウホールに観に行ったことを。
雪組95期、朝美絢さんのバウ単独初主演作品。
宝塚友の会でチケット当たった、なんて言ったら命狙われるよ、という本気とも冗談ともとれる噂が出回ったチケット難。
こっそり観に行ってきた。当たったから。呼ばれたんだと思う。
f:id:yukopom:20180714104509j:plain

プログラム不足

意味が分からない。プログラムの購入規制!?。
劇団は朝美絢の破壊力を見くびっていたのか!かどうかは知らないが、
数が不足しているため”当日観劇した人が1人1部”だけ購入できるというレアものに。
機会損失も甚だしい。もったいない。
2人で観に行ったので2部買っとかないと勿体ない?という意味の分からない買い占め衝動に一瞬かられた。(買わなかったが)

ため息しか出ない。

この見開きページの美しさよ…破滅的!破滅的!
f:id:yukopom:20180714104604j:plain
お芝居を観られなくてもこのプログラムだけで十分お腹いっぱい、胸いっぱい。
さらにこのお稽古中のショットの方が萌えるという・・・・美少年すぎる。
f:id:yukopom:20180714104806j:plain

ストーリー

お芝居は源義経=チンギスハン説や、狐伝説をもとにした和風ロックファンタジー。
大陸からケシの花が入り込んできたり、義経の兄の源頼朝をマフィアのボス風に仕立て、「頼朝ファミリー」としたり、北条政子もぶっ飛んでる。

ヨシツネ役朝美絢さんは、ただただ美しい。
物想いにふける憂いの表情も、顔いっぱいの笑顔も、怒った顔もすべてがこんなにも美しい人がいるのだろうか。お人形のようだった。
兄ヨリトモ役の永久輝せあさんのヒゲの似合うこと。優しい雰囲気の永久輝さんだがお髭をつけるとワイルドだこと。
案外年齢を重ねた役もいけるかもしれない。
殺陣良し、歌良し、芝居良し、ダンス良し、見映え良し…!
こんなワイルドな悪役、時々お茶目なところを見せつつ。目が離せない。幅広いと思った。

ヒロインの狐の少女、ツネの星南のぞみさん。綺麗だけれどちょっとさみしいお顔立ち。歌・お芝居ともにもう少し頑張って欲しいな。

ヨシツネの幼馴染役ということで縣千さんが出ていたが役どころがいまいち掴めなかった。敵か味方か・・・。もう1回観られればよかったのだけど。

阿片のくだりではるろうに剣心を彷彿とさせた・・・。

伝えたいこと

谷貴矢先生の作品は私は初めて観た。
大義のためなら非情になれる兄とは対照的にヨシツネは優しい。
優しいが故に悲しい運命を辿るのだが、それは決して弱さではない。
それが分かっているからこそ兄ヨリトモはもどかしく、苛立ちを隠せない。
現実的な兄、ヨリトモは力はリアル。数々の弱き者を踏み台にして、その上に幸せな国家を築く。
迷ってもいい。迷いながらも前へ進む。立ち止まるわけではなく、前へ進む。それはヨシツネもヨリトモも同じ。
対象的な2人だけど、実は裏表の存在であり、誰よりも分かりあっているからこそ愛おしく、より憎しみも深い。

なんか、2人ともすごい共感できるし、愛おしかった。
やっぱり再認識。今、一番熱いのは間違いなく雪組だ!!!