清く 楽しく 美しく♪

朗らかに、華やかに♪ちょっとヅカ成分多め。

星組のフィナーレを観ながら考えた

東京宝塚劇場では星組が「ANOTHER WORLD」「Killer Rouge」を絶賛公演中。
f:id:yukopom:20180706220304j:plain

いつものようにキラッキラのフィナーレのパレード。
大羽根を背負ってオーラ全開で降りてくるトップスターさんを観ながら懐かしいことをふと思い出していた。

トップスターの休演

2002年。まだ私もヅカファンになってまもない頃。
その頃は花組の瀬奈じゅんさんが好きだった。
匠ひびきさんのサヨナラ公演で「琥珀色の雨にぬれて」「Cocktail」。
サザンオールスターズの曲をたくさん使用したり、リキュールやカクテルになぞらえた場面の数々。藤井大介先生。「Cocktail」はいまだに5本指に入るくらい好きなショーの1つ。宝塚大劇場まで観に行った。
東京公演を楽しみにしていたら、まさかトップスターの匠ひびきさんが休演してしまった。

代役

宝塚には代役が必ず用意されていることは聞いていたけれど、実際に代役公演、しかもトップスターの役をまるまる代役で、というのは初めて観た。
2番手だった春野寿美礼さんが急遽主演をし、瀬奈じゅんさんが2番手として舞台に立った。当然、主要な役は1つずつ繰り上がっていたのだろう。
トップ娘役だった大鳥れいさんだけは変わらなかったけれど、当時仲の良かった春野さん、瀬奈さんをがっつり受け止めているようには見えたが、しかし内心は辛かったに違いない。

普通1ヶ月とか1ヶ月半くらいかけてお稽古して役作りをし、振りをカラダに入れ込むところを、1週間かそこらでやってのけたんだから今思うととんでもないことだ。

誤算

宝塚大劇場が完璧な布陣だと信じていたのにも関わらず、東京で代役公演となった春野寿美礼さんと瀬奈じゅんさんの役の方がしっくり来てしまってすっかりハマってしまった。

春野さんより瀬奈さんの方がジゴロのイメージに合っていたし、この方が二人のキャラクターを活かしている気がして、気に入ってしまった。
何度も何度も通えるだけ通った。
東京宝塚劇場で立ち見で観劇をしたのは後にも先にもあの時だけだ。

もしも

もちろん縁起でもないし、願ってもない。
もしもなんて、アナザーワールドならぬ、パラレルワールドだが。

今もし星組で同じようなことが起きたら、礼真琴さんがこれ、やるのか??
「ANOTHER WORLD」の康継郎さんを礼さんがやるってこと?

ショーで真ん中に立つ姿は容易に想像がつく。娘役に囲まれる姿も、男役を率いる姿もだいぶ板についてきた。
もちろん大羽根の扱いも。
あんなに重たい羽根を背負っているのに、ガニ股とかにならず、すっと美しく膝が広がってないで下も見ずに降りてくる。

その日は近い

瀬奈じゅんさんの2番手時代をずっと観ていて、本当に全場面っていうくらい露出が多くて、変幻自在で。全部髪型を変えて、という修羅場を超えたあとすぐに瀬奈じゅんさんはトップに就任した。

今回の公演の礼さんにあの時の瀬奈さんが重なる。
もうトップスターも間近ってことだ。
あぁ、この人は今まさにトップスターへの階段を駆け足で登っている。